鬼滅の刃速報-キメロワ攻略まとめ

鬼滅の刃(鬼滅)、血風剣戟ロワイアル、キメロワ、などの漫画、アニメを扱うまとめサイトです、wiki、攻略、ニュース、運営、twitter、アプリ

    アンチ

    3




    1: 2020/05/20(水) 05:57:16.77 ID:vK7R5ylE0
    胡蝶しのぶはどうなったんや?
    鬼滅わざわざ買いたくないし色々調べてたんやが胡蝶しのぶが転生した姿はないんか?
    2: 2020/05/20(水) 05:57:38.63 ID:m+0ZLOQba
    ないで

    4: 2020/05/20(水) 05:57:55.98 ID:vK7R5ylE0
    >>2 
    ま?

    【【鬼滅の刃】ワイアンチ、最終回が気になる【キメロワ】】の続きを読む

    1




    1: 2020/04/28(火) 15:34:35.36 ID:OvYnBspZ0
    110風吹けば名無し2020/04/25(土) 11:55:29.11ID:qwLHAaFp0
    この漫画ってなんでチー牛とか女ばっかり見てんの?

    150風吹けば名無し2020/04/25(土) 11:58:04.98ID:EUIH3Vrm0
    >>110
    そう思うのはお前の顔がチー牛で息がチーズ臭くて女に相手にされなくて女にコンプレックス抱いてるゴミムシだからで
    実際はいろんな人が普通に読んでるんだよ


    164風吹けば名無し2020/04/25(土) 11:59:08.06ID:qwLHAaFp0
    >>150
    チー牛か女だけだぞガチでジャンプ好きのキッズたちはまず読んでない


    307風吹けば名無し2020/04/25(土) 12:07:31.92ID:EUIH3Vrm0
    >>164
    まず、突然チー牛という言葉を持ち出したのはそれが悪口になるとわかっているからで、なんでそうわかるのかは、自身が「チー牛」と言われたら「嫌」だから
    これは心理学でいう『投影』にあたり、つまりお前は自分で自分をチー牛顔のインキャだってわかってる

    鬼滅が女性に人気なのは事実だけど、男性芸能人も男性読者も多くいる媒体でわざわざ女という限定化をしてまで叩くのは
    普段から女性に対して不満や苛立ちを覚えていてどうにかして叩きたいという欲求(コンプレックス)をもってるから且つ自身の性別である男を除外して安全圏にいたいから

    まとめるとお前は
    「自分がチー牛顔だと分かっているけど認めたくないインキャで女にも相手にされない性格だから鬼滅の刃とファンをとりあえず叩いてしまった哀れなゴミクズ」
    2: 2020/04/28(火) 15:35:12.61 ID:9/g7qdLk0
    チー牛ドッジボールやめろや

    4: 2020/04/28(火) 15:35:27.62 ID:s4NMhpAX0
    めっちゃ早口で言ってそう
    【なんJ民さん鬼滅の刃アンチをオーバーキルwwwwwwwwww】の続きを読む


    2



    1: 2020/03/04(水) 14:28:25.515 ID:+6iw3ev90
    みんな面白いって言ってるのに
    2: 2020/03/04(水) 14:29:13.470 ID:WZxU3TPIM
    アニメしかおもしろくなかった

    3: 2020/03/04(水) 14:29:48.255 ID:u+IJZKuW0
    俺鬼滅の刃読んだことないけど読んでももうまともに評価できんよ 
    絶対これ逆張りしてるだけじゃね?いやこれ逆張りの逆張りしてるだけじゃね?ってなるもん
    【鬼滅の刃を逆張りで叩いてる奴って惨めだよな】の続きを読む

    1





    1: 20/02/26(水)18:06:27 ID:B6l
    人気作品否定してる俺カッケーすか?
    2: 20/02/26(水)18:06:48 ID:02U
    普通につまらんだけやぞ

    3: 20/02/26(水)18:06:51 ID:N0x
    過激な肯定派もまた然りだじ

    【鬼滅アンチって主張したがりだよなw】の続きを読む

    1




    1: 20/02/22(土)13:19:28 ID:b0F
    なんとかの高木さん
    2: 20/02/22(土)13:19:50 ID:A8M
    ヒロアカ

    3: 20/02/22(土)13:19:59 ID:YJK
    鬼滅信者、キモい
    【アンチ鬼滅の刃が読んでそうな漫画www】の続きを読む

    このページのトップヘ